2006年05月15日

海外へ行く その1

今日から数回に分けて、モコ史上最大の試練となってしまった大冒険飛行機のことを書きます。

パパの海外転勤が決まった時、モコを連れて行くのかどうかギリギリまで迷いました。長いフライトを経て連れて行くのは親のエゴかもしれません。でも、「パパとママ命揺れるハート」のモコを、他人に預けて、何年も離れているというのも、やっぱりモコには辛い。

どちらにしても辛いなら、やっぱり一緒に行こう!

こうして、モコの海外移住は決まりました。

一緒に行くよ!

モコとの海外移住のための旅行は、帰国準備から始まりました。つまり、いつか日本に帰ってくる日のための準備です。日本を出国するのは実は簡単。でも、狂犬病指定地域外(狂犬病が存在するとされる国)に行って、また日本に帰ってくるのは大変なんです。(指定地域はまだまだ少ない)
まず最初にマイクロチップというものを首のうしろのところに埋め込みます。注射これは個体を識別するためのもので、リーダーで読むと「ピッ」と、スーパーのバーコードみたいな音がするものです。世界に二つと同じ番号はありません。
これがウエスティからしてみれば、案外大きいので、とっても痛いんです。犬(泣) モコの悲鳴のような泣き声に、ママも泣きたかったよ。もうやだ〜(悲しい顔)
だけど、このマイクロチップって、迷子犬の識別にも役立つし、いずれは義務になるのではないかしら。そうしたら保健所で殺される不幸な犬がいなくなって、犬にとっても幸せなことだと思います。

このあと、狂犬病ワクチン2回摂取抗体検査、・・・などの作業が続きますが、詳しいことは別の機会に書くとして、ここで言うのは「時間がかかります」ということだけにしておきます。私の場合は、行く国の情報が検疫所にもない!という大問題、乗り継ぎのために2カ国分の情報が必要、などを自分で解決すべく、鬼のような形相であっちこっち走り回りました。顔(ぷんっ)

そして、これはママの大失敗ですが、モコはマイクロチップを埋める前に狂犬病ワクチンを受けていたので、それはカウントされないことが分かりました。検疫所には何を言っても決まりどおりの答えしか返ってきませんから、この間打ったばかりなのに、またワクチンを接種することになりました。1年間に3回もワクチンを打ちました。身体に良いわけがありません。

その頃、モコは下痢と嘔吐を始めるようになり、いつもだったらおかゆにすればすぐに治るのに、ちっとも治りません。バッド(下向き矢印) 別に風邪をひいたようにも見えないのに、下痢だけが続いています。

ポンポ痛いの

いや〜な予感がしたので、かかりつけの動物病院へ連れて行くことにしました。

次回へ続く。

人気blogランキングに登録しました。良かったら応援クリックお願いします。




ニックネーム モコ at 05:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 大冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モコままさんワンコ連れの、海外への出国って大変なんですね〜我が家では絶対ありえない事だから、何の心配も無く過ごしていますが・・・・モコちゃん頑張ったんですね〜まだ下痢は続いているのかしら?
また、少しの間帰国されるとの事、準備が大変ですね〜ワンコにとっては、辛いものがありますが、ママ・パパさんと離れて暮らすのはもっと大変・・・下痢では済まないかも・・・
ガンバ!!モコちゃん&ママさん〜
検疫所の件分かりましたか?
Posted by mamemama at 2006年05月15日 08:02
モコままさんとモコちゃん、大変な思いをして海外へ行かれたのですね〜。でも、ワンコにとっては、どんな環境の下でも飼い主さんと一緒がいいに決まっていますもの。よく決断されました!マイクロチップの埋め込みは、ウエスには痛いのですか!本やTVなどで見ると、ちっちゃなもので、あっという間に注入できると聞いていますけど、モコちゃん痛い思いをしたのですね。その後の下痢の様子はどうでしたか?次回UPをドキドキしながら待っていますね。(笑)
mamemamaさんのコメント見ると、一時帰国されるのですかぁ?ペットショップもないお国柄、当然預ける所もないですよねぇ。短期間での遠い道のりの移動は大変だと思うけれど、それさえ乗り越えれば、楽しみが大きいですよね〜☆
Posted by kako at 2006年05月15日 12:18
嘔吐下痢はコワイよね。
あっという間に脱水…(ToT) 
小さいからだに点滴の針はイタイだろうと思うもん。
昔、ぽち(仮名小4♂)が3才くらいの時、
よく病院のお世話になりましたが、点滴の間ずっと
ワタシの袖を握って離さなくて、「ごめんね」って
いったもんだ〜(ρ_;)
今は、鬼のコの様に頑丈でゴ○ブ○の生命力に
なっちゃいましたが…
Posted by みっかまま at 2006年05月15日 19:44
mamemamaさん、そう、犬連れの海外移住は大変です。実際は人間も少し面倒なのですが、犬の比ではありません。

成田で2週間係留のお友達、メールさせていただきました。お返事をクビを長くして待ってます。でも、一時帰国が延びそうなので、まだ余裕あります。(笑)
国が違うので、いろいろと違ってくるのかなぁと思うんですが、多分準備はされていたはず。なんで2週間も係留されちゃったのかなぁ??

モコの下痢のことは、次の回に書きます。その結果も私たちにとってはショックなものでした。。。
Posted by モコまま at 2006年05月15日 22:39
kakoさん、マイクロチップ、私もネットでは「痛くない」と読んでいたので、いざ施術のとき、病院で「モコ、痛くないんだよ〜」と言い聞かせていると、院長先生が真顔で「案外大きいから痛いんだよね」と仰いました。確かに、太い注射に太い注射針。これを刺すだけで相当痛いかも。私が見たのは大型犬のサイトだったので、小型犬とはやっぱり違うのかも知れません。

下痢のことは・・・こんなことがあるんだ、ととてもショックを受けました。今考えると、モコが可哀想で。

今度、ブログに書くつもりでしたが、一時帰国します。
あと、私の書き方がいけなかったのですが、ペットショップあります。いちおうペットホテルも。
ただ日本とは比べ物にならないレベルだし、不潔だし、ホテルに預ける気にはなりません。日本人で、トリミングを頼んでいる人もいますよ。私は、「知らない所に行ってモコが怖い思いをする」という夫の意見もあり、家でやっています。

狂犬病はあるし、野良犬も多いし、交通量も多いし、車に轢かれてる犬も多いし、自分の手元から放さないのが私のリスクマネージメントなのです。
Posted by モコまま at 2006年05月15日 22:54
みっかままさん、下痢は心配ですよねぇ。人間だって脱水症状起こしてぐったりとなりますもんね。

お子さん、丈夫になって良かったですね。丈夫が一番!すごい親孝行なお子さんですよ。

モコも今ではすっかり健康です。いつでも「お腹すいた」しか言わないワンコですが、体調悪いと食べられなくなりますから、お腹が空くのも健康な証拠。ホントにありがたいです。

Posted by モコまま at 2006年05月15日 23:17
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/301419
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック