2006年05月19日

海外へ行く その4

ロス・アンゼルス国際空港のチェックイン・カウンターでは、若い男性が応対してくれました。私はモコに「明日の朝になったら迎えに来るよ」と言い聞かせ、その場を離れました。階段を登って上からカウンターの階を見下ろすと、モコが台車に乗せられて、運ばれていくのが見えました。相変わらずものすごい声で吠えていて、周囲の人の注目を浴びているのを「元気だねー」と、私たちは笑って見ていました。わーい(嬉しい顔)

そのフライトは、夜行便でたったの5時間。私はもうちょっとで大成功に終わる旅行のことを考えてハイテンションになっており、一睡もしませんでした。グッド(上向き矢印)
映画を見たり、珍しいアジア人を見て世話を焼きたがるクルーと話したり、貨物室のモコのことを面白おかしくパパと話したりしていました。

さて、翌朝の早朝に飛行機は無事到着。
私たちは、眠いながらもニコニコして入国手続きを済ませ、荷物を受け取りに行きました。私たちはビジネスクラスに乗ったのですが、この航空会社では、ビジネスとエコノミーの区別をしていないのです。普通は上のクラスの荷物は先に出てくるのですが、何もかも一緒くたになっているようでした。嫌な予感がしました。そして、私の荷物がひとつ足りないことが分かりました。
何のためにお金を払っているかというと、待遇を良くして欲しいからなのに、サービスの基本が全く分かっていません。私はこの失礼な行為にあきれててはいましたが、まさか、モコが届いていないなんてことは、この時には想像もしていませんでした。

それから、私たちはモコを受け取る場所を探し回り、「犬を見なかったか?」と聞きまくりました。
誰も何も教えてはくれませんし、夫の様子から、私は悟っていました。


モコは飛行機に乗らなかったんだ。。。


普段の私だったら航空会社と喧嘩をするところですが、その時は「それじゃ、モコはどこにいるの?」ということを考え続けていました。
ショックが大きかったので、私にしては珍しくただ黙っていました。
荷物が届いていない人は空港内に溢れていて、みんなクレームの列に並んでいました。
航空会社の対応に埒が明かないと思った夫が、


「このままロスに戻ってモコを連れてくるexclamation

と言いました。そして、本当に1時間後に出る飛行機のチケットを買いに行きました。この航空会社がホントに無責任だというのはもう分かっていただけたと思いますが、もちろん、夫のチケット代も自腹です。
夫はモコを取り返すために出発しました。飛行機

私は家には行かず、エアポートホテルホテルにひとりで泊まって待つことになりました。
異国で、ひとりで、とても不安ですが、モコの不安に比べたらどうってことはありません。
ホテルにチェックインすると、時差ボケが始まっており、することもないし、昼間はずーっと眠っていました。眠い(睡眠)
夕方目が覚めると、自分がどこにいるのか分からないんだけど、ふとモコがいないことを思い出して、絶望的な気持ちになりました。
私は、成田のラディソンホテルで撮ったデジカメの写真を見て、朝になるまで泣いていました。たらーっ(汗)たらーっ(汗)
なんとなく、モコとはもう会えないような気がしました。
何故かというと、何度も書いたように、アメリカではウエスティが大人気。私は「モコは盗まれた」と思ったのです。あんなにだらしのない航空会社だから、スタッフがモコを持っていっても、誰も何も言わないでしょう。

ママ、パパ、助けて

そうやって、「やっぱりモコを連れてきたのは失敗だった。その時は辛くても、親切な人に預けてくればよかった」と自分を責め続けました。
そして、夫が「やっぱり居なかった」と言って帰ってきても、半狂乱になったり、夫を責めたりしないように自分に言い聞かせました。
でも、その時こそ航空会社との闘いだ爆弾 
泣いたり怒ったり忙しいですが、怒っている方が、泣いているよりずっと楽でした。


人気blogランキング左左クリックお願いします。

ニックネーム モコ at 02:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 大冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今モコちゃんが居るから言えることですが・・・
何と言う事でしょう、私は出発の日、今頃貨物室でじーと耐えてるモコちゃんの事を案じて居たのですが、そんな事が起きているなんて・・・・
ドラマですね〜(^^)この先が早く知りたい〜
モコままさんそれはそれは、大変な思いをされたんですね〜
モコちゃんが今ママさんたちの側に居ない事を考えるとゾーとします〜

今日は千尋ママが避妊のOPです〜2泊するのですが、とても心配でなりません〜
昨夕から千尋が居ないので、マメ吉も元気がありません〜信用出来る動物病院ですが、こんなに心配ですもの、モコちゃんのフライトに比べれば・・・なんて事ないのですけど・・・本当に辛い時間を過ごされたんですね〜
Posted by mamemama at 2006年05月19日 07:01
mamemamaさん、そうなんです。皆が心配すると思って、今まで言えませんでしたが、モコは元気でここにいますから、思い切って公表します。でも、あの時のことを思い出すとまた涙が出そうになり、航空会社への怒りが湧いてきます。

千尋まま、避妊OPですか!!それは大変。簡単な手術だとは聞いていますが、チーちゃんもマメくんも緊張の夜を過ごしたことでしょう。成功しますようにお祈りしています。
実は、モコも避妊手術をして来なかったことを後悔しています。
Posted by モコまま at 2006年05月19日 11:13
なんだか、とっても胸がキューンと締め付けられます。早く先を教えて下さい。…痛い痛ぃ(×0×)
Posted by ベニ・モモのママ at 2006年05月20日 00:12
ベニ・モモのママさん、ようこそ。
実は、書く方も涙なしには思い出せないお話なんですよ。
はい、最終回をアップします。また読みに来てくださいね!
Posted by モコまま at 2006年05月20日 10:06
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/306055
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック