2006年05月20日

海外へ行く その5<最終回>

モコの大冒険第5話は、ロスに迷子のモコを探しに行ったパパヤギが執筆します。

航空会社のカウンターで、モコはどこに居るのか問いただしました。今、ロスにいるのかどうかを確認することが最重要であり、どこかの空港に間違って行っている可能性もあるからです。結局、ロスに居ることが確認でき、多少は安心しました。航空会社は、「今だったら、マイアミ経由で輸送し、今日の夕方到着することも可能だ」と言いましたが、

「それだけは止めてくれ顔(汗)

と頼みました。なぜなら、モコがマイアミで乗り継ぎができなかった場合は、また迷子になってしまうからです。

それからすぐ、朝8時半の飛行機でロスにとんぼ帰りしました。
約5時間のフライトの末、ロサンゼルスに昼過ぎに到着。荷物の引き取りの所で、航空会社の職員が私の名前を呼んでいたので、そのままその職員に付いていき、モコのいる所まで案内されました。その時は、航空会社への怒りより、モコに早く会いたい気持ちが非常に強かったのです。

モコは航空会社の職員がいる事務所に預けられていました。
貨物室で荷物に囲まれていると思っていたので、それよりは少しましでした。
モコは約15時間ぶりにパパに会えて嬉しそうでした。モコが元気そうだったのでホッとしました。モコのケージには、ドッグフードが散乱しており、航空会社の職員が水や食べ物をモコにあげた形跡がありました。エサ
モコを受け取ると、パパに会えて嬉しそうなモコと、空港の外で大好きなお散歩を早速しました。犬(足)犬(足)

その後、ロスの空港で延々、モコと一緒にフライト待ちをしました。
モコはパパの隣りでジッと座っていました。

夜になり、チェックインを済ませると、モコとしばらくのお別れです。するとまたモコが吠え始めました。
出発のゲート付近でモコがちゃんと飛行機に乗るのか、確認しようと思っていました。乗客の搭乗が始まる前にモコの入ったケージが運ばれてくるのが見えましたが、モコは貨物室になかなか搭載されません。我慢ができず、航空会社の職員にうちの犬を早く貨物室に入れるように催促しました。あせあせ(飛び散る汗)
最後の最後にモコのケージが貨物室に搭載され、それを見届けた後、私は搭乗しました(一番最後だった)。

飛行機は、予定通り次の日の早朝に到着しました。飛行機
入国審査を終え、荷物が出てくるのを待っていたら、まず、ロストとなっていた荷物が出てきました。その時、荷物のターンテーブルの外から犬の吠える声が聞こえてきました。あの声は確かに愛しいモコの声であることがすぐにわかりました。

「パパ、モコはここにいるよexclamation×2

モコはいつもにも増して大きな声で吠えていました。
パパとモコは再会し、荷物を持って外に出ました。特にモコの入国手続きはなく、拍子抜けでした。(このことが後々心配ではあります)

空港の外では既にニコニコ顔のママが待っていました。わーい(嬉しい顔)
早速、モコをケージから出して、リードをつけ、水を飲ませ、空港内を散歩させました。モコはママと再会できたことをとっても喜び、早速、尻尾を立てながら散歩をしていました。犬(足)犬(足)犬(足)

モコがケージから出てくると、「可愛い黒ハート」と言いながら、皆がモコを見に来ました。ウエスティーなんて、この国では見る事が出来ないのです。

そして、そんな大冒険の末、今、モコは私たちと一緒に暮らしています。

モコは元気だよ!

モコの大冒険「海外へ行く」はこれで完結です。

長い間、ありがとうございました。


応援クリックお願いします次項有人気blogランキング


ニックネーム モコ at 07:12| Comment(15) | TrackBack(0) | 大冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、モコパパさん。

いろんなワン子を渡り歩いている内に、こちらに辿り着きました。

モコちゃんの冒険プログを隅から隅まで読ませてもらいました。

いゃぁ・・お気持ちがよぉぉぉぉぉく分かります。
本当に心配されたことでしょうネ。

我が家のワン〔ウェスティー〕も、或る日・私が庭掃除の最中に・・ちょっとの間フェンスの戸を開け放していたら・・家の中にいるはずのワンが居なくなりました。

〔あぁっ・・外に出たナ。〕大慌てで・・約2時間以上も探しまくりましたが・・見つかりません。
家に戻り、愕然として縁側にへたり込み・・途方にくれている時・・・・・・。

あれ??
庭の奥の花壇の下の方で、何やらモゾモゾ動くものが。
・・・・・・・モコパパさんとことは、比べようもない結末ですが・・・。

何のことはない、ワンが外に逃げ出したと思った私が、
大声でワンの名前を呼ぶので・・黙って庭に下りてしまったので、ばつが悪くなって花壇の下に逃げ込んで・・出るに出られなくて・・モゾモゾ。〔本当に全くの笑話になってしまいましたが・・・。〕

でも、本当に心配したんです。
くもの巣とドロでぐちゃぐちゃになった我が愛犬の姿に・・・もぉ笑いこけるしかありませんでした。

私のHPに皆さんのワン子の誕生日ページなるものがございます。
是非、お暇な折にでもご覧下さい。
お気に召しましたら、ご参加されませんか。
お友達のワンもいるかもデス。

ではでは。
Posted by ユーシン at 2006年05月20日 11:09
初めまして!ミカエル君のところからたどり着きました。モコちゃんと海外で離れ離れになるなんて・・・、心配で心配で、気になって気になって・・・。ブログのアップを心待ちにしていました。よかった〜、家族と一緒になれて!
これからも、時々おじゃまします。よろしく〜。
海外でのモコちゃんとの暮らしの冒険話、ワクワクドキドキしてお待ちしています。
Posted by カール君の母 at 2006年05月20日 13:55
モコちゃんパパママに会えて良かった〜ハラハラドキドキさせられました〜
でも今では大好きなパパママの側で幸せな生活を送って居るんですね(^^)何よりです〜
我が家のブログにもお出でいただいて有難う〜
Posted by mamemama at 2006年05月20日 14:27
無事会えたコトで胸がキューン(また涙)
航空会社の無責任さにも胸が…と言うか、腹が煮えくり返りそう!です。

モコちゃんだからパパさんが帰って来るのを窓からじっと見ていたりするんでしょうね!
冷静なパパさん、笑顔のママさんとひと時も離れたくないんだろうなっ(^з^)-☆Chu!!
Posted by ベニ・モモのママ at 2006年05月20日 16:25
今、モコちゃんは一緒なんだってわかってるのに
ドキドキしました。
離れ離れはイヤだね〜。ホント会えてよかった。
コワイもん、やっぱり移動は車限定になるかな〜
ほんとにたまにオデカケしても、お留守番みっかが
シンパイですぐ帰ってきちゃう我が家の連中には
ドコにいるんだろうなんてのは耐えられないよ〜ToT
ホントよかったね〜
Posted by みっかまま at 2006年05月20日 17:56
モコままさん&パパさん、大変な思いをして、モコちゃんを連れてきたのですね〜。ドキドキハラハラ・・・行ったことのないロス空港の情景まで浮かんでしまいましたよ。
でも、どんな辛い思いをしても、モコちゃんはパパ&ママの傍にいるのが最高の幸せだと思います♪
今度の一時帰国の時もまたまた心配ですね。。
Posted by kako at 2006年05月20日 23:42
追伸です〜☆
ブログにリンクさせて頂きました。
でも、タイトルが全て入らず「生まれた時・・」を
外してしまい、申し訳ありません。m(__)m
もし、不都合がありましたら、遠慮なく仰って
下さいね。
Posted by kako at 2006年05月21日 21:46
モコちゃんと、離れ離れになっている
ときの心情お察しします。
僕も、今週、軽井沢に行くのですが、
とにおを連れて行けないのでどうしようか
と悩んでいます。親にきて、泊まっていって
もらおうか、ペットホテルに預けるか・・・
どっちにしろ、かわいそうだけど・・・
日曜は、朝いちで帰ってこようと思っています。
親ばか?
Posted by とにお ぱぱ at 2006年05月22日 12:56
ユーシンさん、ようこそ。
そのうち、パパの方からレスがあると思います。
読んでくださってありがとうございました。
ワン子の誕生日の方も、今度メールで登録させていただきます。
Posted by モコまま at 2006年05月22日 22:32
カール君の母さん、ようこそ。
みっか君のところからいらっしゃったんですね。嬉しいご縁です。今度、カール君のブログにも遊びに行きますのでよろしく。

モコの大冒険、思ったより長くなってしまい、ドキドキさせてしまってごめんなさい。
こちらではモコが一番マイペースにやっていますよ。でも、ちょっとした冒険はいっぱいあります。よかったら、ちょくちょく遊びに来てくださいね。
Posted by モコまま at 2006年05月22日 22:35
mamemamaさん、いつも温かいコメントありがとうございます。慰められ、励まされています。mamemamaさんのブログが出来て、モコの両親・妹の様子を知ることが出来て嬉しいです。

そんなわけで、モコは苦労してこちらに来たんですよ。可哀想な話なので最初は言えなかったんですが、皆さんに理解していただき、ホッとしました。
Posted by モコまま at 2006年05月22日 22:41
ベニ・モモのママさん、心配させてごめんなさい。モコは無事に着きました。
本当に航空会社には頭にきます。もうあの会社には乗せたくない思いです。会社名は・・・書きませんけどね。(笑)

モコがパパをよけい好きになったのは、あのことがあってからかもしれませんね。パパが会社から帰ってくると、泣いて喜びます。(ママが帰ってきても泣かないのに)
Posted by モコまま at 2006年05月22日 22:45
みっかままさん、ホントにモコが無事でありがたいです。怒っていたけど、最後は「ありがとう」の気持ちだけでした。
だから、最近は飛行機で行く(短い)旅行の場合は、モコはお留守番です。1泊ぐらいなので近所の日本人に預けます。
飛行機に乗せるのが怖いんですよ。でも、帰国の時はさすがに乗せないと帰れないので、今から心配です。
Posted by モコまま at 2006年05月22日 22:49
kakoさん、ご心配かけてごめんなさい。
でもモコが今では元気いっぱいで戻ってきたので、このことを書けます。親のエゴかしらと今でも思うことはありますが、その分、日本に居るときよりもモコのことを大事に思えるようになりました。小さいことでも、モコがいてくれるだけで「ありがとう」と思えるので、その気持ちがモコに伝わり、モコも喜んでくれてるかなぁ??と思うのですが。でもすっかり甘えん坊になりましたが。

リンクの件、こちらこそありがとうございました。こちらからもリンクを貼らせていただきますね。タイトルが長すぎて入らない・・ごもっともです。省略してください。
Posted by モコまま at 2006年05月22日 22:55
とにお ぱぱさん、コメントありがとうございます。長いのに読んでいただき、モコパパ同様、ありがたい気持ちでいっぱいです。

軽井沢にお出かけで、とにお君お留守番ですか?
もし親御さんが来てくださるなら、とにお君も、自分のおうちが一番リラックスできると思います。もちろん、ぱぱさんが居なくなって寂しいことには違いありませんが。。。ぱぱさんに愛され、とにお君は幸せですね。
Posted by モコまま at 2006年05月22日 23:07
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/307119
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック